[20]〈ヤマハJ専〉ピアノの練習サポート

 

前回書いた、新しいコースでの

ヤマハピアノ(ジュニア専門コース略してJ専)が

始まりました〜!

 

感想……

 

練習時間を捻出する難しさ&私の負担増

 

土日はまあ好きなだけやれるとしても

平日はやはりコンスタントに1時間って

なかなかハードル高いですね。。

 

そもそも小学校から帰ってくる時間が

15時くらいなので、

 

朝練15分

帰宅したら宿題と明日の準備

一息ついてピアノ

チャレンジやったり遊んだり

合間にピアノ

お風呂、夜ごはん、寝る準備

余裕があれば最後にまた少し弾いて

20時半までにはベッドに入る

 

 

最近のリズムは上手くいけばこんな感じです。

家の構造上、ピアノが生活しているフロアの

下にあるので、いざ行かん!という感じで

練習するんですよね。

 

 

1日の最後には

すみっコ手帳のマンスリーに

ピアノ頑張ったねシールを貼ります。

たくさん弾けたら2枚。

だんだんとすみっコの可愛いシールで

埋まっていくのが見ていて嬉しそうです。

今のところちゃんと毎日練習しています。

幼児科の時は「2日連続で休まない」を

基本ルールにしていました。

後は朝や寝る支度をしている時に

練習している曲のCDをかけたり、

なんとなく聞き流し。

 

 

 

で、一番大切な事は

今この時期に

「ピアノの練習をやるのは当たり前だという意識」

圧をかけずに育てていく、習慣化していくということ

なんですよね。

 

そのためには本人のやる気、モチベを保つこと。

 

うちにはメロディを食べる(娘のピアノを聴く)と

お腹いっぱいになる「さるしぃ」(ピアニストまらしぃさんのグッズ)や

個人レッスンの後のガチャで集めている

お菓子のぬいぐるみとか

その子たちが娘の練習を見守っている、という

設定になっている(笑)ので

本当にぬいぐるみに助けられています…!!

 

練習のそばには必ずぬいぐるみ。

ちょっと動かして喋らせたり

「お腹すいたよ〜おやつちょうだい〜」って言わせて

帰ってすぐ練習時間を作ったり

とにかく大活躍。

レッスンにもお供に連れて行きます。

 

 

 

 

初めての個人レッスンの後、

久しぶりの悔し泣きがあって。

まだ習っていない曲を

教えてもらいながら一緒にやるんだから

できなくて当然なのですが、

娘は「自分ができていない」ということに

精神的に直面するのがとても苦手。

今までの練習でだいぶ鍛えられてきたのですが

個人レッスンだと、当たり前ですが

今までよりより細かいところまで指導があるんですよね。

速さ、強さ、両手のバランスなどなど…

娘にとっては練習してきて上手く弾けたと感じても

さらに細かいところをつっこまれるので

(もちろん優しくですが)

ダメ出しに感じるんだろうなと思いました。

 

なので初日はガチャをやらせてあげて慰めつつ

「まだやっていないところができないのは

当たり前だったよね、

時間をかけてできるようになればいいんだよね」

「先生はこうしたらもっと上手く弾けるよ、

ってアドバイスをしてくれてるんだよ、

娘ちゃんの弾き方が全部だめだなんて言ってないよ」

とフォローしつつ

GETしたぬいぐるみが次のレッスンまで見守る、という

流れになり、なんか週1ガチャになりそうな予感…笑

 

 

で、やはり内容がけっこう高度です。

例えばハ長調の和音のI(いちど)がドミソ、

Ⅴ7(ぞくしち)がシファソ、とか

和音の名前を習った記憶は私はなくて。

楽語などもどんどん説明があって覚えていきます。

宿題として出される量もけっこうあるし

(むしろまだ最初の方だから少ないはず)

個人レッスンの方はむしろ

どんどん進めていい感じなので

私も一緒に聴いたり楽譜を見たりしないと

わからなーーーーーい。笑

 

 

個人、グループともに

まだ親が同伴になっているので

その時の先生のアドバイス

こう弾きましょうという注意などを

私も覚えておいて

練習の時に

「先生はこう弾くと綺麗だって言ってたよね」と

後ろで見守りつつサポートをする感じです。

 

完全に一人で練習、というのは

簡単な曲や、もう弾ける曲を繰り返す時は

良いんですが

新しい曲、指はこびが難しい曲をやる時は

まだまだお付き合いが必要です。

間違えたまま先に進んでしまうこともあるので。

また、細かいポイントは忘れがちなので

都度声をかけて思い出させないといけない。笑

 

そう、私もかなり時間を取られる…!

 

娘の

「自分ができていない」ということに

精神的に直面するのがとても苦手

というところを考慮して

まだやっていない曲も

ちょっと先取りするようにしています。

 

 

レッスンの時間も今までより遅いので

帰ったらすぐお風呂とごはん、という感じになり

家事も前倒しに。

色々と新しい生活リズムを作っている感じです。

 

 

私は私でやりたいこともあるので

久々にypadを使っています。

一覧性が今は一番欲しい。

 

 

練習に付き合うって

こちらにも忍耐とユーモアが必要です。

今までの仕事で

勉強を見守るのには慣れているので

同じ感じですね…

 

とにかく出来ているところ、

上手に弾けたところを褒めて

気をつけたいところは「私が」言うのではなく

「ここは先生がこうアドバイスしてたね」と

先生の言葉を借りて伝える。

ぬいぐるみの力も借りる。笑

 

上手く弾けると気持ちがいいね、

この曲が弾けるようになったらすごいね、

娘ちゃんのピアノの音が大好きだよ、

娘ちゃんのピアノを聴くと癒されるね、

などなどプラスの声かけをするようにしています。

あとはセットリストを作って

10曲くらい一気に弾いてもらう

コンサートをやってもらったり。

 

 

後は旦那さん(パパ)が

本格的にピアノを趣味として再開していて

エリーゼとか戦場のメリークリスマスとか

楽しんでいるようなので

それも娘にとっては

とてもいい刺激になっていると思います。

 

彼は娘よりも自分を下に見せるのが上手い。

なので上手に張り合わせている感じがしますね。

ていうか本当なら彼に日々のサポートを丸投げしたい。笑

上手くやってくれそうなのに…残念(p_-)

お休みの日にちょこっと見てくれたり

一緒に純粋にピアノを楽しんでいます。

私は全然弾きたい欲は出てこないですね。笑

 

 

小学校での新しい生活と

ピアノ練習と勉強と…

意外に忙しいなあ、と感じています(^^;