[18]最近読んだ本(6歳8〜11ヶ月)

 

 

今年読んだ本をざーっとまとめて載せておきます!

 

 

 

はたらく細胞、ハマってました〜

アマプラでアニメ見たりしていました。

大人が見てもすごく楽しくてタメになります。

 

 

「からだのしくみを学べる!はたらく細胞 人体のふしぎ図鑑」

 

 

こちらの図鑑はルビもあって読みやすかったです!

免疫細胞に詳しくなりました(笑)

 

こちらは昔から持っているお気に入り。

 

 

 

法の庭シリーズは相変わらず読み続けています。

今はここ。

 

 

 

「賢い子になる まいにち1分 おんどく大百科」

 

 

 

 

娘が気に入って選んだ本。

私の大好きな古文ものっていたり

英語もあったりジャンルが幅広く、

パラッと気軽に読めるのがいいですね。

 

 

「せつない星座図鑑」

 

 

 

星座に興味を強くした時に読んだ本。

大人が読んでも「へえ〜」な

星座と神話の話が面白く書かれていて

読みやすかったです。

 

 

初めてのかいけつゾロリシリーズ!

 

 

 

私も小学校の時読んでいました。

今もまだ新刊が書かれているのがすごい。

いきなり64巻から読みましたが

基本どこから読んでも楽しい。

今の娘には読む練習としてちょうどいいかも。

1時間もかからず読んでいました。

「もっと読みたい!」と言っているので

1人で読む用として定期的に用意しようと思います。

チャレンジタッチの学びライブラリーにも数冊ありました。

 

 

「ハンドメイドの宝石せっけんの教科書」

 

 

見ているだけで綺麗でテンション上がります♪

夏の自由研究とかにもいいかも。

見ているだけで満足してしまって

結局まだ作っていません(笑)

娘は見て眺めるのにハマっていました。

 

 

 

「地球のみえないところをのぞいてみたら」

 

 

 

 

定期的に理系の本を用意してみますが、

ヒットしないこともけっこうあります(笑)

これは絵が可愛い。

 

 

「みぢかなマーク」

 

 

 

娘が選んだ本。

小学校入学前、交通安全のためにも

色々とマークを確認できたのが良かったです。

ひとりでも読めるので分かりやすいレベルです。

もっとマークがもりもり載っている図鑑だと

ちょっとまだ漢字が難しいかも。

 

 

オルセー美術館でさがせ!」シリーズ

 

 

 

 

 

有名な絵の中に隠れたポンポン(シロクマ)を探す

見ていてもとても綺麗で大人も楽しめるシリーズです。

けっこう難しいのもあるので

娘と集中して探し出しました(・∀・)

 

 

冬にこの美術展↓に一緒に行ってきまして

 

メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年|2022年2月9日(水)〜 5月30日(月)国立新美術館

 

意外にも自分の好きな絵を探せたり

もらったパンフレットを見て楽しめていました。

(卵を落とした絵はかなりウケていました)

1番の理由はすみっコがコラボしていて

手のりぬいぐるみをGETできて嬉しかったんだと思いますが(笑)

そのぬいぐるみの元になった絵など

とても気に入っていました。

 

 

もっと小さい頃にも美術展は行ったこともあるのですが

その時はここまでではなかったなと感じるので

やはり成長ですね。

その後にこの本を見たので

より楽しめたかなと思います。

 

ちなみにこちらはルーブルバージョン。

 

 

 

 

「こびとの台所 子どもがつくるうちのごはん」

 

 

 

随分前に購入していましたが

最近になってけっこうひとりで読み返しています。

料理の基本を学べる本。

家事は色々と手伝ってもらっていますが

まだあんまり料理はさせてないんですよね〜(-_-)

オムレツ作れるくらい。

 

 

「5さいからはじめる しょうぎ」

 

 

 

現在娘は将棋にハマっています(笑)

こちらは藤井五冠の師匠・杉本八段監修の本。

ひとりでも読めて分かりやすいです。

 

私はチェスなら昔やってて分かるんですが

将棋は全く!分からないレベルで、

娘と一緒にイチから学び中です。

幸い旦那さん(パパ)が知っているので

娘はよくパパに教えてもらいながら対戦しています。

貴重なパパ担当の遊び。(笑)

 

 

私が藤井さんがすごく好きで

あの10代と思えない達観した落ち着きと秘めた闘志、

柔らかな声も好き。

頭の中どうなっているのかのぞいてみたい。(笑)

藤井さんが好きだから

すごさがもっと分かるように

将棋を知りたい、という感じですね。

だから私は「観る将」ですかね〜(^-^)

 

 

私と同じ初心者の大人には同じ杉本先生の

こちらをオススメ。

分かりやすかったです!

 

 

 

「弟子・藤井聡太の学び方」

 

 

 

この本、子育てにも参考になるところがたくさんあって

すごく良かったです。

杉本師匠は意図的にあまり藤井さんとは対局せず教えず、

本当に上手に藤井さんの能力をさらに引き出して伸ばして

サポートされたんだなと。

藤井さんの能力については小学校の時点で

もう疑いもなくプロの棋士になる子だ、と分かって

こちらからどう声をかけようか悩んで

声をかける練習をしたりしていたそうです(笑)

そんな杉本師匠も素敵で可愛すぎて大ファンです♡

藤井さんとのエピソードが色々と出てくるのですが

それがまた可愛い。

教える仕事をしていた側面からも、

とても参考になりました。

 

 

 

ちなみにうちにある将棋セットは、

キティちゃん。(笑)

 

 

 

「考えることが好き」という感覚、

先読みする(これからの展開をイメージする)力、

さまざまな力を養えるので

思考系の遊びはいいですね。

 

 

f:id:staysimple:20200713094804j:plain