Stay Simple

心を整えてシンプルに、クリエイティブに生きること。

《習慣化のヒント》「習慣はアイデンティティーを変える道」by ”Atomic Habits"

 

 

私にとって「書くこと」は仕事ではなく、「生きること」だと前回書きました。

Blogを書く、本を書く、個人的にノートなどに書く…

いろんな「書く」を長く続けてきて感じる結論です。

書かずには生きてこられなかったし、

これからもそうだろうと感じます。

 

なぜこんなに書くことが好きなんだろう?

分からない。

小さい時から本を読むのが好きで、

気付いた時には文章も絵もたくさん書いていました。

いくつかその感覚を後押ししてくれた出来事や言葉がけはありますが、「書く人になりたい」とずっと思っていて、その夢は叶ったといえます。

なぜなら、今もこうして書いているから。(笑)

 

コンスタントに売れる本を書いている人を作家とするなら、

私は作家ではないでしょう。

私のプロフィールは「Writer」。書く人。

どんなことでも、それをやっている習慣がある限り、

自分の中ではそれをしている人と自覚ができるし、楽しめるのです。

 

 

私と仕事シリーズ」で書いたように、

今の私は書くことで生活しよう、誰かに認められようとは思っていません。

じゃあなぜ書くことを続けられるの?と聞かれたら、

それがわたしの習慣であり、

私の本質の表現そのものであり、

私はWriterだから、としか答えられないのです。

きっと何か大好きなことがある方なら分かってもらえるかな。(╹◡╹)

モチベーションは、実はそんなに関係ないのです。

 

 

 

あえて書くなら、娘が大きくなっていろんなことを感じるようになった時、

心を整理するヒント集のようなBlogを残したいという思いはあります。

私もいつ書けなくなるか分かりません。

亡くなった父のように、声が出なくなるかもしれない。(父は癌で声帯を失いました)

伝えたいことをちゃんと残したい。

これも小さい時から強い思いでした。

長く残り読み継がれてきた本や聖典が好きだということも関係があるのかもしれません。

(だから手帳なども「保存をどうするのか」ということも大きな検討項目です)

 

 

 

習慣はアイデンティティーを体現する方法だ。

行動を繰り返せば繰り返すほど、その行動に関係するアイデンティティーが強められていく。

現在のアイデンティティーがなんであろうと、それを信じているのは証拠があるからだ。

書くことを仕事にしてから、最初の数年間、毎週月曜日と木曜日に新しい記事を発表した。証拠が増えるにつれて、自分は作家だというアイデンティティーも育っていった。

わたしは作家として始めたのではない。

習慣によって作家になったのである。

 

人生のどんな経験もセルフイメージを変えていくが、ボールを一回けったからといって、自分はサッカー選手だと思えないし、一枚の絵をさっと描いたくらいで画家だとは思えないだろう。

しかし、こういう行動を繰り返していると、証拠が集まってセルフイメージが変わりはじめる。

一度限りの経験は消えてしまいがちだが、習慣の効果は時とともに強化されていく。つまり、アイデンティティーを形作る証拠のほとんどは習慣だ。

このように、習慣形成のプロセスは、じつはあなた自身になるためのプロセスである。

 

 

ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣 (フェニックスシリーズ)

 

 

モチベーション<習慣です。

私も一番最初のBlogを始めた時は毎日更新していました。

とにかく書きました。書き続けました。

それが習慣になり、本を出版することに繋がり、

本質として「書く人」だと感じてはいましたが、

私のアイデンティティーとなったのだと感じます。

 

f:id:staysimple:20200206113529j:plain

 

何かを習慣化したいと思っている時は、

まずは「どういう存在でありたいか」をイメージして、

その存在ならするであろう行動を、小さく小さく分けて日々の行動にして、淡々とやり続けていくことで、自分に証明していくこと」を意識してみましょう。

 

 

ただ淡々と、習慣にして続けること。

そこにやる気や強いモチベーションは関係ないのです。

「私はそういう人なんだから、そうする」という単純な強い決意。

やる気を待っていたら、(個人で書くことはあっても、公には)私も全然書かなくなりますよ(笑)

 

 

私の小さな習慣は、

「PCを開く」

「1行だけ書いてみる」

とか、本当に失敗しようがない小さな行動です。

そしてその行動をサポートする環境作りを大事にしています。 

 

習慣化については大好きなテーマなので、

これからも深く書いていきますね!(╹◡╹)

 

 

 

こちらもどうぞ♩

www.staysimple.jp

 

 

www.staysimple.jp

 

 

www.staysimple.jp

 

 

本の作者とコラボした、BaronfigのClear Habit Journalも、

ノート好きとしてはオススメです!

 

追記: 紙質はロイヒトトゥルムに似ていますが、よりハリのある感じで、万年筆裏抜けはありませんでした!

 

 

 

https://www.instagram.com/p/B8uyFiGneOo/

ずっと気になっていた#baronfig のノート。#clearhabitjournal ✨✨ニューヨークがベースの会社で台湾製。ベストセラーになっている本#atomichabits (邦訳「ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣 」)の作者とコラボしたノートで、#バレットジャーナル にもバッチリ。特徴①インデックスあり②ノンブルあり③ドットでページ分割の目安あり④1日1文書けるジャーナルが1年分ある(フューチャーログにすることも可能)⑤後ろにハビットトラッカーがついている⑥英語だけどいろんな使い方・習慣化のヒントが書いてあるサイズは#ロイヒトトゥルム A5よりひと回り小さく、EDiT週間ノートのセミA5が近い。ドットのページは約170ページ分。スピン2本、180℃ひらく。カバーの感触は布のサラサラした感じ。ドットは淡い水色。値段は24$+アメリカからの送料。1冊ずつ箱に入って送られてくるので、ぐにゃっとなることはないかと。ノート1冊売れるごとに木を1本植えてくれるのがいいですね。若干ページに気にならない程度の汚れがあったり、ドットの濃さがまちまちのページがあったりするけどデザインはとても気に入っています🥰#baronfig の他のノートもまた紹介しますね。習慣化についてしっかり取り組みたい方にはとても使いやすいんじゃないかと思います!この本も読みやすくてオススメです😉Blogにも本からの引用をのせました。プロフィールのリンクからどうぞ👉 @yk_crystalclear #ノート#バレットジャーナル#bulletjournal #bujo#ノート好き#ノート術 #ノートの中身#ハビットトラッカー #手帳#手帳術 #手帳タイム #手帳の使い方 #手帳会議 #ノート沼#手帳沼#ノートタイム #bulletjournal2020 #bulletjournalist #bulletjournaling